冷えからの不調。

皆さん、こんにちは!雨模様が続いておりますね。

洗濯物がなかなか乾かなくて困っている遠山です。

 

ここ最近のお客様で、下半身の不調を訴える方が多くなっています。

様々な要因があると思うのですが、「冷え」もその大きな一因です。

 

特に就寝時は、体温が下がることで血流量が大きく低下します。

栄養素は血流によって運搬されるので、これは大きな問題です。

 

「寝ても疲れが取れない」理由の一つがここにあります。

特に女性は筋肉量が少ないので、根本的な改善が難しい…

 

そこで、ツボを利用した血流改善は如何でしょうか?

今回ご紹介する「三陰交」は、大変効果的なツボです。

52309fb96bd0443a8d6290bb8953262a.gif

内くるぶしから指4本分上、骨と筋肉の境目が三陰交です。

ここをゆっくり押し込むことで、血流改善が期待できます。

 

ピンポイントでツボの位置を把握できなくても、全く問題はありません。

ツボは電車でいう「駅」。「路線」が間違っていなければ効果はあります。

 

ここでいう「路線」とは、脛の内側にある骨と筋肉の境目のラインのこと。

このラインを押すことで、冷えに起因する不調の改善が期待できます。

 

押すと響くように痛むという方、そういう方にこそ効果的なんですよ。

是非とも三陰交の押圧を継続して、体調管理に役立ててくださいね!

 

院長

5つのお約束
当院では新型コロナウイルス対策の観点において、以下のことを心掛けております。


@施術者は必ずマスクを着用し、必要以上の会話を自粛します。

A院内でお客様が触れる箇所は、都度の消毒を実施します。

Bフェイスペーパー等、可能な限り使い捨ての物を使用します。

C一日の施術人数を制限し、定期的に院内の換気を実施します。

D施術者は検温を実施し、体調不良時は速やかに閉院します。 
 
お客様におかれましても、発熱等の症状がある場合は当院のご利用をお控え下さい。